PRACTICE kit 製作 BLOG

PRACTICE kit 製作 BLOGです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原型制作--マウンテンゴリラ

ゴリラ腕前

塚田貴士です。

今回はボクが原型を担当したマウンテンゴリラの原型制作について書きたいと思います。


言ってなかったですが、前のライオン、アフリカゾウはマテリアルはグレイスカルピーだったんですが、マウンテンゴリラはプリモとスーパースカルピーを混ぜたモノです。使っている方がいたので真似してみました。

焼いてみるとちゃんと固まったんですが、なんだかゴムっぽい感じになりました。一応固いけど、柔らかいみたいな。柔軟性です。感想はグレイのがスキかなーです。


ゴリラを造ろうと決めてまず最初に、顔、腕、胸を造りたいと決めて、資料が多いニシローランドゴリラに決めました。

ちゃっちゃと進めていたのですが、また大山竜さんがマウンテンゴリラの方が毛が長くってイイヨね、バケモノっぽくていいよねと誘惑するのでう~んと悩んでいる間にマウンテンゴリラの資料が結構載ってる本を古本屋で見つけたりして結局マウンテンゴリラにしました。

大きくなりすぎて一度造り直したり何なりでここまでで一週間かかってしまいました・・このシリーズは実質二週間くらいで完成が目標なんですけどね・・・


ところで、ゴリラを造ると決めた時点で完成した時のボリュームがすごくなる事は安易に予想できたので(デカデカ病なので・・)気をつけていたのですが、左腕の肉を盛った時くらいにシルバーバック(※下記参照)の存在を思い出してこりゃー背中造くんなきゃダメだなーと気づいて途中で胸削ったり、右肩あたりを削ったりして調節しました。


でもやっぱりゴリラは腕太くしたいなーとか顔をよく見せたいよなーとかで結局ボリューミーなヤツになってしまいました。

てなわけでマウンテンゴリラは少しお得です。


マウンテンゴリラの製作記をTINY4に載せてますのでまた御覧ください。

今回はエアブラシの黒立ち上げの塗装解説書だったのですが、毛のモールドが深くできたのでライオンのような筆塗りをしても楽しいと思います。皆さん好きに楽しく塗っちゃってください!
またマウンテンゴリラの筆塗りの解説書付きのも販売しようかという話も出てますのでお楽しみに!


※シルバーバックとは
オスは、若いうちは背中も含めた全身の毛が黒いのでブラックバックと呼ばれるが、成獣になると背中の毛が白銀色になることからシルバーバックと呼ばれる。シルバーバックは大型の者は身長1.8m、体重は200kgを越える。群れは1頭のシルバーバックを中心に、数頭のメス、そして子供達から構成されている。(ウィキペディア参照)



下記は造型時に参考とした資料です。

参考資料
NHK地球ファミリー 生きもの大紀行〈第5巻〉 NHK地球ファミリー 生きもの大紀行〈第5巻〉
NHK取材班 (1990/06)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/02/08(月) 23:23:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://practicekit.blog90.fc2.com/tb.php/10-f8ed1bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。